商標登録について

特許庁に商標登録の手続きをすることにより、審査過程を経て願書に記載された商標と指定商品、指定役務により特定される商標権の範囲について商標登録されます。

この登録手続きにより商標権が発生します。商標登録とは、特許庁により行われる商標権発生のための行政手続のことをいいます。

技術上のアイデアは特許法、実用新案法により保護されます。デザインは意匠法により保護されます。また著作物は著作権により保護されます。

これに対し、商標法の保護対象は文字、図形、記号等のネーミング等です。ただし法律上の建前としては、文字、図形、記号等そのものというよりも、これらの背後にある業務上の信用が保護対象になっています。

文字、図形、記号等が法律上の商標に該当するとしても、その中には必ずしも商標法上保護の対象にならないものがあります。このため、業務上の信用が一体化するような商標を保護することになっています。

説明のために商標を一つのネーミングとすると、ネーミングの本質的な特徴は、ネーミングが付けられた商品と、そのネーミング以外のネーミングを持つ他人の商品とを区別することができる、ということです。

自己の商品を他人の商品と区別することができることを、「自他商品識別力」といいます。 この自他商品識別力を持たないものは法律上の商標の保護対象としてはふさわしくないものであると考えられています。

自他商品識別力のある商標とは

例えばラーメンの提供に「ラーメン屋」、着付教室の開催に「着付教室」、たこ焼きの販売に「たこ焼き」等の商標を使用する場合に、特定の業者に差止請求、損害賠償請求等を認める商標権を付与することは妥当ではありません。

これらの言葉は一つの業者が独占すべきものではないからです。

また「ラーメン屋」とか「はんこ屋」とかの商標は、ラーメン屋が複数存在する場合にあなたのラーメン屋を識別することができませんし、はんこ屋が複数存在する場合にはどのはんこ屋があなたのはんこ屋かも分かりません。

仮に「ラーメン屋」という商標でラーメン屋を始めた場合、お客さまはあなたのお店にたどり着くことができません。

というのは、どこのラーメン屋かという情報がお客さまに伝わらないからです。

例えば、「そよかぜラーメン屋」等の「そよかぜ」の部分が他のラーメン屋と区別できる部分になります。他の同業者と区別することのできる部分があるかないかにより、自他商品識別力があるかどうかを判断します。

商標登録できない商標とは?

地名、商品の内容、サービス内容は商標登録できません

東京、大阪、名古屋等の地名、商品の内容(例えばビタミンC入りなどの表記)、安い、うまい等の商品の性質等を表す商標は登録できません。

有名な他人の商標と似ているものは商標登録できません

例えば日本テレビ、フジテレビ等のテレビ局が仮にラーメンの提供サービスについて商標登録を済ませていないとします。

この場合、日本テレビ、フジテレビ等のテレビ局と全く関係のない第三者はテレビ局の名前を示す商標について登録を受けることができません。テレビ局の信用を横取りする様な行為は許されない、ということです。

他人の商標権に抵触する商標は登録できません

同様な商品、サービスについて商標登録を受けることができるのは最初に特許庁に商標登録出願をした者です。

商標登録の関連情報

  • 2012年3月20日
    サイトをリニューアルしました。

商標調査無料、相談無料です。
正統派特許事務所によるワンランク上のサービスはこちらから。

商標登録

このページの先頭へ